Ryosuke Kabashima

From JoJo's Bizarre Encyclopedia - JoJo Wiki
Jump to navigation Jump to search

I could never thank you enough, but...I'd like to take this opportunity to express my gratitude. Your every word gives me courage. JoJo's Bizarre Adventure would have never existed without you.
—Hirohiko Araki, Chapter 265: The Faraway Journey, Farewell Friends

Ryosuke Kabashima (椛島良介 Kabashima Ryōsuke) was Hirohiko Araki's first editor and was largely responsible for his growth during the first ten years of Araki's professional career as a manga artist. His involvement would last from 1979 up until the finale of Stardust Crusaders in 1992.[3]

Kabashima is currently one of Shueisha's company advisors, but was previously managing director of Shueisha International. Before that, he was the head director of Shueisha's Shinsho editorial department, founder and editor-in-chief of MANGA ALLMAN, and an editor for Weekly Shonen Jump and Super Jump.[3] He is the grandson of pioneering Japanese comic artist, Katsuishi Kabashima.

History

Road to Editor

Kabashima was born in Muroran, Hokkaido, Japan in 1954, but moved to Tokyo at the age of two. He cites Shohei Chujo, a now university professor who he went to junior high and high school with, as one of his biggest inspirations. Chujo introduced him to to the Jazz genre of music and the works of novelists Tatsuhiko Shibusawa and Yukio Mishima. Ironically, Kabashima did not read manga growing up and only read Gaki Deka from Weekly Shōnen Champion while in college. Prior to becoming an editor, he had been studying archaeology and the History of the Western World.[4]

Shueisha WSJ Editorial Department Building (1961)

In 1979, Kabashima applied to one of Japan's larger publishing companies, Shueisha, simply because "he found the company to be lively and their newly-released Monthly Playboy at the time to be very appealing". He would, unexpectedly, get assigned to Weekly Shonen Jump's editorial department instead despite never reading the magazine.[2] He began working at Jump in April 1979 alongside Nobuhiko Horie, editor of Fist of the North Star. Jump's editorial department at the time only consisted of a dozen or so people, with Shigeo Nishimura as the third-generation Editor-in-chief. Around this time Circuit no Ōkami has just ended and the series, Kinnikuman, began its serialization. Masami Kurumada's Ring ni Kakero would also be peaking in popularity, however, Kabashima, having never read a Jump manga, could not understand why.[2]

Meeting Araki

Kabashima had only been an editor for a few months when he first met Araki in 1979. At the time, Araki's manga submissions were constantly rejected by various publishing companies, spurring him to go straight to Shueisha's editorial building to get some answers. Kabashima, Horie, and a few other newer editors were the only ones there at the time as the senior editors only worked later in the day. It was around noon when Araki arrived and Kabashima, who was coincidently walking to the receptionist desk, ended up being the first to critique Araki's submission. According to Araki, Kabashima was extremely severe and pointed out each of Araki's technical faults (from having forgotten to erase pen lines to leaking white-outs). However, he sensed potential in Araki's work and told him to fix his pages and apply for the upcoming Tezuka Awards. Araki's submission, Poker Under Arms, won the runner-up prize and would go on to be his first published manga.[1]

Before JoJo

Poker Under Arms manuscript

Kabashima subsequently became Araki's editor and worked with him on his earliest publications. As a horror and suspense fan, he enjoyed Araki's early works and often encouraged him to avoid doing what was popular among other Jump titles. Kabashima also defended Araki's 1983 series, Cool Shock B.T., and advocated its publication despite the other editors' disapproval of its Japanese name (Devil Boy) and eccentric content.[5] It was around this time that Kabashima began encouraging Araki to travel abroad, which resulted in Araki's first overseas trip from London to Paris.[3]

After B.T.'s serialization, Kabashima assisted Araki in renting a Tokyo apartment for a year. By living in the same city as Shueisha's editorial building, Araki no longer needed to commute every week and could focus more time on his next series, Baoh the Visitor. During its short run, Kabashima was adamant about improving Araki's weekly schedule management, which included getting enough sleep and taking breaks on Fridays and Saturdays. Kabashima set aside these off-days, particularly so Araki could gather material through experiencing other media. It was thanks to this schedule that Araki could go to the movie theaters almost every week, sometimes with Kabashima tagging along. Their weekly meetings were also very film-related as the two would typically discuss work on the actual manga for around 30 minutes and then casually talk about movies and novels for 2 hours. They shared an interest in horror, so Kabashima often recommended and rented out horror films for Araki to check out for inspiration.[3]

JoJo's Bizarre Adventure

The name "JoJo" was derived at a Denny's where Kabashima and Araki had their first meeting pertaining to the series.[3] The two had decided on "Jonathan" as the series' protagonist, however, Araki also wanted the initials to match in a way similar to the American filmmaker, Steven Spielberg (S.S). They eventually landed on the name, "Jonathan Joestar" (J.J) and thus the nickname "JoJo" was born.[6] Their later meetings during Part 2 and Part 3 would ironically be at a "Jonathan's Family Restaurant" as it was closer to Araki's workplace.

Kabashima and Araki in Italy

Kabashima notes that Part 1 was not popular during its publication due to being a standard "fighting manga" with a "foreign" protagonist, which was considered taboo. He constantly had to defend the series from cancellation due to Shueisha's strict "if it's not popular, cut it off" policy back then. However, the editor-in-chief at the time allowed it to continue because he valued Araki's storytelling and B.T did particularly well in ratings towards the end of its publication. Kabashima also explains that while Jonathan as the hero was a bit rough at first, bringing in characters like Zeppeli and Speedwagon created a comradery dynamic that resonated a lot more with the readers.[3]

In 1987, Kabashima invited a very reluctant Araki to go on a trip with him to Egypt. The latter was under the impression that Egypt was a country with a "dirty" image and was not particularly interested in going there, but was convinced by Kabashima none-the-less. Araki recalls reading on the plane the "Encyclopedia of Modern Murder" by Colin Wilson, a book Kabashima had recommended to him prior. It was on this trip, specifically during a boat tour of the Nile, that Araki came up with the idea of DIO being in Egypt. During Part 2's publication, the two would continue to travel together to other countries like Italy or France.[3]

Araki's farewell message to Kabashima, Ch. 265

Kabashima admits that he rarely had to make corrections when it came to Part 3. In previous parts, he often gave Araki suggestions that would help push JoJo's ratings, but once Stands were introduced, the series became insanely popular, and the need to suggest anything disappeared. However, he would still give specific feedback on Stand designs,[7] on top of continuing to ask Araki to redraw panels that were too hard to understand. With how little Kabashima had to correct, the 30-minutes of their "work discussion" they had each meeting was cut even shorter and filled with more discussion of movies.[3] Unfortunately, as the ending of Part 3 was approaching, Kabashima suddenly ended up in the hospital, and was unable to give any feedback during the final battle against Jotaro and DIO. Subsequently, this meant that Araki had to come up with new Stand designs, such as The World, on his own for the first time without any of Kabashima's input.[7]

Kabashima was in charge of JoJo up until the end of Part 3, after which he was transferred to "Super Jump," another of Shueisha's magazine lines. Araki recalls feeling very uneasy at the time as he had never had another editor before, but Kabashima knew the series was stable enough at that point and trusted Araki to continue the steady workflow they developed.[3] After Super Jump, Kabashima would go on to become the founder and editor-in-chief of MANGA ALLMAN, then the head director of Shueisha's Shinsho editorial department, then the managing director of Shueisha International, and is now currently one of Shueisha's company advisors.[2] Despite leaving, Kabashima would continue to oversee Araki's other works that were published in Super Jump and Allman, including various one-shots from Under Execution, Under Jailbreak and The Lives of Eccentrics.

Interviews

Jojoveller cover.jpg
Artbook
Interview
Incomplete translation
Published September 19, 2013
👤 Hirohiko Araki, Ryosuke Kabashima, others
📜
Manga

In my talk with Gaba-san, there was a small conversation and I decided I wanted to create Dio. There were plans for the story already in place that led me to wanting to create him and I was already wondering how I could make this ‘Dio’ work. I was thinking about making a manga that showed off the contrast between the protagonist and a rival. One that resembled the contrast between ‘Good and Evil’, or ‘White and Black’. In that kind of a manga, if the rival isn’t powerful, then the story absolutely won’t be interesting. So, I wanted to make the readers think “How could the protagonist possibly beat this guy?!” To that end, I decided on making him the ‘Ultimate Evil’. However, I also wanted it to make it a type of evil that had parts the readers would admire and be attracted by, one that the readers could relate to.

Since Dio was made to be the ‘Ultimate Evil’, the contrasting Jonathan ended up becoming an extremely pure character. If I made Jonathan now, I could probably add a little bit more flavor to him but at the time I was quite young. Regarding his name, there really isn’t a deep meaning to it. I thought that since the main character is a foreigner, I should make a name that’s easy to remember for readers. Like the name ‘Steven Spielberg’, I wanted to go with a name that rhymed and left a strong impression: Jonathan Joestar. Now it’s quite accepted, but at the time there weren’t many manga that had a foreigner as the protagonist, so there was a bit of unfamiliarity or strange feeling regarding the character. Even I thought that this might not end up being popular, but I also had the feeling that I wanted this kind of thing to be appreciated and recognized.

Dio was developed in the same way as Cool Shock BT’s protagonist, B.T. More deeply than BT, he’s a character that represents the dark side of humans’ jealously and hungry spirit. At the time I was drawing Dio, I might have also been influenced by my own mind. There wasn’t anything that particularly made me angry, but, for example, during regular life I would suddenly begin to think dark things. I saw things from the same point of view as Dio, and began to do things like view humans as if they were insects. That kind of a thing was happening in my mind around that time.
—Hirohiko Araki

Hirohiko Araki & Ryosuke Kabashima

Q: You chose the name "Jonathan Joestar" because your meetings were held at the family restaurant "Jonathan's", right?

'Araki : What? Jonathan's? (Laughs)

Kabashima: Didn't you want to make the name "JoJo"?

Araki: I wanted to have an alliterative name like Steven Spielberg, so the acronym would look like J.J. or S.S. But the family restaurant we had our first meeting at was Denny's. It wasn't until later that we started going to Jonathan's.

Q: No no, you've mentioned it was Jonathan's elsewhere (laughs). You stated, "Because it was at Jonathan's."

Araki: Ohh, that was more of a "Sure, Let's go with that" type of answer. (laughs)

Kabashima: It's better for these things to be interesting, right? (laughs). Araki-san likes legends. He thinks it's better for it to be interesting than for it be a fact. That's likely the root of this.

Araki: Legends are a requirement for the horror genre.

Q: Then the name "Jonathan" is...?

Araki: It was just to make the J.J. alliteration. I didn't really take it from anywhere in particular.

Kabashima: It seems the origin of Jonathan has also become something like an urban legend, but it was definitely a Denny's at first, and then we switched to having meetings at Jonathan's somewhere during the middle of serialization. It was convenient because it was close to Araki-san's workplace at the time.


Hiroshi Sekiya

Sekiya: Another point is that Araki-sensei said, "I want a woman to be the main protagonist."

Q: This is for Part 5, right? You don't mean Jolyne from Part 6, but Giorno as a woman?

Sekiya: Around the time he brought it up, Giorno’s name hadn’t been decided yet. It’s not an issue these days, but back then my impression was that a female lead in a shonen manga would have been very tough to sell. During that era of Weekly Shonen Jump, it simply wasn’t the time. Thus, during my meeting with sensei, we spoke about this and that, and in the end, the protagonist ended up not being a woman. However, Giorno’s stand has the ability to create life, right? Women give birth to life, so I think this concept was probably left over from the idea of having a female protagonist.

Q: Giorno is an elegant and somewhat androgynous character. Is the initial idea of having him be a woman related to that?

Sekiya: Giorno’s real name, Haruno Shiobana, is also very feminine, right? Sensei may have been thinking of having the story unfold with Giorno being revealed to be a woman. Now that I think about it, he used to joke around with ideas, saying things like: "What about if it was a woman who looked like a man? Wonder if that would work?" (laughs)

Hideto Azuma

Q: Part 6 had the first female protagonist. Was this Araki-sensei’s idea?

Azuma: That’s right. As a shonen magazine editor, I politely asked him to make the protagonist a boy, but he refused in 3 seconds (laughs). The readers of Weekly Shonen Jump wouldn't accept a female lead, which is why I wanted him to change it, but he just replied, "That's exactly why we're doing it".

Looking back at the series' popularity at the time, I still believe that a male protagonist would have been better. However, considering the long history of the "JoJo" series, I also think that it was overwhelmingly beneficial that the Part 6 lead was female. I get the impression that Araki-sensei is the type of person who won’t repeat the same thing twice. He is the type of artist who constantly takes on new challenges, so maybe he instinctively knew he'd lose the motivation to draw if he chose a male protagonist just for notoriety’s sake.

It was around then that strong female leads had also begun appearing in films, so perhaps he thought the time was right. If he really cared about gaining popularity, he could have just made the protagonist something like a "miniature" version of Jotaro from Part 3. He wouldn't do that though, he's the type of artist who has to continue fighting.

Q: From an editor’s point of view, what type of artist did Araki-sensei seem like at the time?

Azuma: He could construct both the characters and the story firmly in his head and always met deadlines, making him very easy to work with and highly valued by the editorial department. I suppose I was chosen to be Araki-sensei's editor because the higher-ups thought that our hobbies were similar, rather than my suitability as a manga editor. Much like Araki-sensei, I also love music and films, and I know pretty much all of the music that he listens to. I think the editorial department considered it important that Araki-sensei was able to work comfortably. I had the privilege of working for him for two-and-a-half years, but at that point only about 5 of my ideas were used (lol).

『 魔少年ビーティー』 を描いていた頃もそうだったんだけど、 第1部や第2部の当時に目指していたのは少年漫画へのアンチっていうか、 友情· 努力· 勝利っていう「 週刊少年ジャンプ」 ( 以下、 WJ) の世界に挑戦して開拓していこうっていう生意気な気持ちもありました。

第2部の主人公のジョセフという名前は、 ジョナサンと同じく「 ジョジョ」 になればいいってことだけで、 これも深い意味はない味1。3なしです。 お調子者の性格は、 生真面目だったジョナサンと対比させたからですね。

物語で目指したのは「 誰がいちばん強いのか」 「 どういう人間が怖いのか」 を描くこと。 敵が「 究極生命体」 という設定は、 まさにそこですね、 食物連鎖の頂点。

当時は「 とにかく自分の作風を作らなきゃ」 11かくと思っていました。 僕の先輩の方々1970年代の有名な作家さんは、 皆さんご自分の作風を持っているんです。 そこには何か大事な意味があるんだろうと思っていました。 だから自分の漫画の人気がないからといって「 ホラーを描いていたのに、 急にスポーツ漫画やラブコメ漫画を描くようになっちゃダメだろう」 と。 「 そこは突き詰めていかなきゃダメなんだ」「 ブレてはいけない」 と思うようになったんですそれは自分で自分を追い込むことになるけど、 今でも続いていますね。 行き詰まったら終わりかもしれない。 … でも道は必ず開けると思えばこそです。

第3部は、 第1部と第2部の主人公が外国人で続いた

ので、 日本人になったってうのはあるかな。 でも向かう場所はエジプトだし、 仲間も外国人が多かったんですが( 笑) 。 主人公の名前は「 承」 の字には「 受け継ぐ」 という意味があって、 本当は「 しょう- という読み方だけjごナどぉどお寺の名前とかで「 じょう」 じよAと読ませることもあったので、 それに決めました。 「 空条」 の方は、 第3部が始まる時に鎌倉に取材に行ったことがあって、 鎌倉幕府の執権だった「 北条」氏からですね。 それで「 ジョジョ=空条承太郎」 としました。

NoPicAv.png
Missing translation
Website/Online
Interview
Published August 17, 2018
👤 Hirohiko Araki, Ryosuke Kabashima
📜
Manga

YahooInterview2018 (1).jpg

「これ以上、王道の漫画はない」――荒木飛呂彦が「ジョジョ」を描き続ける理由 8/17(金) 9:26 配信


8月24日から東京の国立新美術館で「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」が開催される。国立美術館としては、手塚治虫以来28年ぶりとなる漫画家の個展。週刊少年ジャンプ黄金期を支え、30年以上も続く「ジョジョの奇妙な冒険」が主役だ。単行本は通巻120巻を超え、スピンオフ作品も生まれた。各界を代表するクリエーターや漫画界でもファンを公言する人が多い。独特の絵柄とストーリー展開から「ジャンプでは異端」の作品と呼ばれながらも、荒木さんは「これ以上、王道の漫画はない」と断言する。キーワードは「信じる道を歩むこと」。そして「切り開く力」――。(石戸諭/Yahoo!ニュース 特集編集部)

王道に反する「異端」

YahooInterview2018 (2).jpg

いつもの作業机でペン入れをする荒木さん(撮影:殿村誠士)


58歳になる荒木飛呂彦さんは窓際にある大きな机でペンを走らせていた。机上には作画の参考にした馬のフィギュアと折り紙のカエルがある。物として手に取るためだ。

細部の「リアリティー」が作品の生命線であり、世界を支える。そんな強いこだわりが垣間見える机だ。

「僕にはこの机さえあればいい。そうすれば漫画が描けるから……」

描いているのは、連載中の「ジョジョの奇妙な冒険」第8部に当たる「ジョジョリオン」の最新話だった。原画展を前に、ミステリアスな物語は終盤に差し掛かっている。


YahooInterview2018 (3).jpg

「ジョジョ」第7部でカギとなる馬のモチーフとなったフィギュア(撮影:殿村誠士)


人気がなければ容赦なく打ち切られる少年漫画誌を中心に、荒木さんは30年以上にわたって「ジョジョ」の物語を描いてきた。今でこそ多くの人がファンを公言しているが、長く「異端」の存在だった。クラスの大半が話題にしあう作品というよりは、数人がひっそり集まって「実は『ジョジョ』好きなんだよね」「俺も」と打ち明け合うような、そんな漫画だった。その理由は独特の設定とストーリー展開だ。

連載開始は1987年。その4年前に連載が始まった「北斗の拳」がテレビアニメ化されて大ブレイク。3年前には「ドラゴンボール」が、2年前には「聖闘士星矢」がスタートしていた。荒木さんいわく、「少年漫画に集まった天才たち」による大ヒット作が次々に生まれた時代だ。


YahooInterview2018 (4).jpg

荒木さんが面白いと思った漫画の数々が、本棚の最上段に並ぶ(撮影:殿村誠士)


主人公が敵を倒す。するとさらに強い敵が現れ、その先にさらに強い敵が現れる、いわゆる「トーナメント方式」でストーリーが展開される漫画こそが少年漫画の「王道」で、部数も人気も集中した。読者が共感しやすいように、主人公は日本人の少年か青年であることが多い。舞台設定は、学校や身近さを感じさせる町だった。

「ジョジョ」は、いずれの点でも王道に反していた。

30年以上続く物語は、こう始まる。舞台は19世紀、1880年のイギリス。父の死をきっかけに名門貴族ジョージ・ジョースター卿の養子となった貧民街出身の少年ディオ・ブランドーは、ひそかにジョースター家の乗っ取りを計画。少しずつ、ジョージの一人息子、ジョナサン・ジョースターを追い詰めていくが――。


YahooInterview2018 (5).jpg

「ジョジョの奇妙な冒険」第1部「プロローグ」から。ジョナサン(上)とディオの出会いのシーン ©荒木飛呂彦/集英社


しかし、と荒木さんは断言する。

「これ以上、王道の漫画はない」

それはなぜか?

「トーナメント方式」全盛時代を乗り越える

初代「ジョジョ」担当にして、デビュー前から荒木さんの作品を見てきた編集者、椛島良介さんは当時をこう振り返る。

「早々に打ち切りを覚悟したし、設定にも懸念があった」


YahooInterview2018 (6).jpg

さまざまなジャンルの資料が並ぶ、仕事場の本棚(撮影:殿村誠士)


根拠はあった。荒木さんの「ジョジョ」以前の連載はいずれも短命に終わっている。椛島さんは理由をこう分析する。

「魅力的なキャラクターが足りなかった。主人公がいくら立っていても、それに並び立つようなライバルや敵キャラがいなければ成立しない。そこにきて次の作品は19世紀のイギリスを舞台に貴族が主人公だと言う。心配になりました。外国人の主人公が成功するわけない」

しかし、荒木さんは折れなかった。

「だったら、とスタートしました。ストーリー展開はもともと高く評価されていましたから、当時の編集長からもOKが出た。これまでと違うと思ったのは悪役です。ディオという悪役が実に良かった」

椛島さんは、少年漫画のキャラクターで魅力を高めるのは悪役なのだ、と語る。

「貴族のジョナサンは間違ったことができず、常に紳士でないといけない。正論ばかり言う『良い子キャラ』では共感を得られない。人間を超えたいと願う悪役のディオが対比して置かれることで、ストーリーが輝く」

それでも、「ジョジョ」の人気はなかなか出なかった。


YahooInterview2018 (7).jpg

「ジョジョ」の描画を支える道具たち(撮影:殿村誠士)


ここで荒木さんは、椛島さんも驚く手を打つ。主人公の交代だ。

ジョナサンが主人公の第1部から、第2部はジョナサンの意思を受け継ぐ子孫、ジョセフ・ジョースターを主人公にした明るい冒険活劇で物語を盛り上げた。

これが同時に、トーナメント方式を回避するという効果をもたらした。以降、「ジョジョリオン」に至るまで8人の主人公を通して「ジョジョ」は描かれてきた。

荒木さんが振り返る。

「当時はバブルに向かうころでしたから、時代の空気は上へ、上へと向かっていたんです。トーナメント方式を採用したマンガは時代の空気と重なっていました。僕はその空気に乗れなかった。上に行ってもいずれ頭打ちになったら、どうしたらいい?って考えてしまうんです」

だからこそ、時代に流されず、自分が描きたい漫画を描くことが大事だったのだという。

「僕はサスペンスを描きたいのであって、それ(トーナメント方式)は描きたい漫画ではない。自分が描きたいものがぐらついたら漫画は終わりです」


YahooInterview2018 (8).jpg

(撮影:殿村誠士)


そして「スタンド」でブレーク

信じたものを描き続けることで、やがてブレークの時がやってくる。

ロードムービーの手法を取り入れ、ジョースター家の血統を継ぐ日本の高校生・空条承太郎が仲間とともに、よみがえった一族の宿敵・DIO(ディオ)を倒すべくエジプトに向かう第3部が転機になる。

「ジョジョ」の世界観を象徴する、超能力を擬人化した「幽波紋(スタンド)」というアイデアが初めて使われた。椛島さんは「これでヒットだ」と思ったという。

「1部と2部で使っていた『波紋』という超能力は地味で、荒木さんのストーリーの面白さを引き立てるのに、これではダメだと思った。だから3部では新しいアイデアにしてくれ、と言いました。そうして誕生したのがスタンド。誰も見たことがない発想だし、3部にして主人公も悪役もハマっている」


YahooInterview2018 (9).jpg

スタンドが初めて詳しく語られるシーン。第3部「空条承太郎 その③」から©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社


スタンドの能力は人それぞれ違う。力と力がぶつかり合い、力が強いものが勝つという少年漫画のパターンをなぞるのではなく、能力同士の相性や知恵を使う頭脳戦というメソッドを確立した。

弱すぎるがゆえに逆に手ごわくなる敵キャラクター、トランプやテレビゲームまでバトルのなかに取り入れた。頭脳戦は今でこそ、多くの少年漫画が採り入れている方法だが、その道を切り開いたのは「ジョジョ」だ、と言えるかもしれない。

荒木さんは言う。

「波紋はダメだと言われたので、どうしたらいいのだろうと考えました。超能力を漫画で表現するという発想の延長で擬人化はどうだろうと思い付いたのです。ジャンプでは、他の先生方のアイデアを使ったと思われることもNGでしたから、絶対にやってないことをやろうと思った。それもあってか、はじめはスタンドとは何かがほとんど理解されなかった。『スタンドってなんなの?』ってよく聞かれましたよ」


YahooInterview2018 (16).jpg

第8部『ジョジョリオン』まで、「ジョジョ」シリーズは30年以上続いている(撮影:殿村誠士)


承太郎たちがエジプトに向かうまで、インドなどをすごろくのように訪れ、そこで戦う。トーナメント方式のように次から次へ強いキャラクターやスタンドが出てこなくてもストーリーはうまく展開する。

荒木さんは戦いに「必然性」があればいいと考えていた。力が強い敵が単純に出てくるより、能力を生かした敵のほうが「怖い」。怖さがあれば、物語は前に進んでいく。

大人気となった第3部でもDIOを倒して、物語は潔く完結する。第4部では設定も大胆に切り替え、日本の杜王町という小さな町を舞台にした。高校生の主人公・東方仗助が町に潜む連続殺人犯を探し出すという、サスペンス色を強めた展開を採り入れた。

荒木さんは、2000年に出版された画集『JOJO A-GO!GO!』のなかで、好きなキャラクターの1位に東方仗助を選んでいるほど思い入れが強い。

「第4部は初めて日常を描くことができたって思ったんですよね。それまでは神話を描いているような気分だったんです。承太郎はクールで、ある意味で完成されている。でも仗助はその辺(空いている椅子を指さす)にいるような感じ。すぐそばにいるキャラクターなんです」


YahooInterview2018 (11).jpg

第4部の主人公・東方仗助。普段は温厚だが、髪形をけなされると「プッツン」する。「ジョジョの奇妙な冒険」第4部「空条承太郎!東方仗助に会う その①」から©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社


日常に潜む恐怖を描ける力を付けたことで、「ジョジョ」の型は完成し、第8部まで新しい要素を貪欲に取り入れながら物語は進む。

「常に前向きでなくてはいけない」

主人公も設定も変わるのに、なぜ一本の漫画として続けているのか。それは「人間賛歌」という一貫したテーマがあるからだ。過去の著作で荒木さんはこう語っている。

「『人間は素晴らしい』という前向きな肯定です。何かの困難に遭ったとき、それを解決し、道を切り拓いていくのは人間の力によるのであって、そこで急に神様が来て助けてくれたり、魔法の剣が突然落ちてきて、拾って戦ったら勝ってしまった、という都合のいい偶然は『ジョジョ』ではけっして起こりません」(『荒木飛呂彦の漫画術』から)

作品を貫くテーマがあり、少年漫画のルールにのっとっているからこそ、ジョジョは「王道」なのだと荒木さんは語る。


YahooInterview2018 (13).jpg

(撮影:殿村誠士)


「僕が『ジョジョ』を王道だと呼ぶのは、主人公、悪役であってもキャラクターの志は前向きだからです。そこに悩む人物は描かない。人生に悩むのは普通のことなので、退屈になってしまう。前向きな志同士がぶつかり合うことで、化学変化やサスペンスが生まれると思って描いています。登場人物のベクトルは常にプラスに向かっていないといけない。大原則は成長すること。闘うことに悩まないこと。そして、闘うときは孤独であることです」

「ジョジョ」の登場人物は主人公であれ、悪役であれ、「血統」や「運命」といった自分の力ではどうすることもできない現実に直面しながら、それに抗い、自らの力で道を切り開こうとする。

「少年漫画の登場人物は常に前向きでなくてはいけないというのがルールです。後ろ向きになる、闘うことを悩み続けるというマイナスな要素を入れ込むと、読者はうんざりしてしまう。『ジョジョ』はこのルールに忠実にのっとっている。だから、王道だと言ってきました。主人公たちを過酷な状況に追い込み、成長しながら道を切り開かせる。闘うときに、偶然や誰かに頼っているようでは『ジョジョ』は成立しません。1人で立ち向かわなければいけないのです」


YahooInterview2018 (14).jpg

第8部『ジョジョリオン』が進行中(撮影:殿村誠士)


悪役さえ前向き

荒木さんは、悪役であってもこのルールを適用している。

「例えば第4部のボスである連続殺人犯、吉良吉影がそうです。吉良がやっていること自体は許されないのですが、彼には反省も迷いもありません。自分自身を認めているんですね。自分自身の平穏な生活のために、主人公たちに追い詰められてもなお闘いに挑み、自分で道を切り開こうとする。だからスタンド能力も成長していくんです」


YahooInterview2018 (12).jpg

スタンド「キラークイーン」を駆使する殺人鬼・吉良吉影。第4部「シアーハートアタック その⑨」から ©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社


善か悪かは実のところは「表裏一体」なのだと荒木さんは言う。敵には敵なりの信念があり、闘うべき理由がある。第7部最大の悪役である大統領も彼には彼なりにアメリカという国を繁栄させたいという私欲を超えた動機があった。

「最終的な善悪の判断は読者の視点次第でいくらでも変わります。キャラクター次第で変わり、それが激突する。『ジョジョ』の登場人物はとにかく成長したいと思っています。陰湿な敵であっても自分の信念を貫いていたり、高潔だったりすれば読者からの共感は得られる。ここが重要なんですね。前向きだと怖いんです」

主人公とベクトルが同じ前向きな悪役を配置することで、「ジョジョ」の世界観に不可欠な恐怖感は増す。


YahooInterview2018 (15).jpg

(撮影:殿村誠士)


「ただし善悪を分ける、守るべき一線はあります。『ジョジョ』の悪役は自分の理念を実現するために他人を利用することをよしとする。いくら高潔な理念があったとしても、これは許されないという視点で描いています。連載開始時よりも悪役を複雑に描けるようになりましたが、その一点はぶれていないですね。理念を実現したいなら一人であってもやらないといけない。他人を利用してはいけない」

ジョジョは常に主人公側の勝利ばかりが描かれる漫画ではない。敗北もまた勝利と同じくらい重要なシーンとして描かれる。そこにジョジョに込めた、もう一つのテーマがあると荒木さんは言う。

「敗れはしても、決して負けていないと描いています。僕が描きたいのは勝利のカタルシスでは無いんです。そのほうがウケがいいのかもしれないけど、僕が描きたいものからはずれてくる。戦う過程のなかで、その人間が何を選択するのかに僕は興味がある。人は死んで終わりではない。残された人に意志を残し、受け継がれていくというのが『ジョジョ』のもう一つのテーマなのです。敗北したとしても、誰かが意志を継いでいく。僕はそれを人間の美しさだと思っています」

漫画家も「画家」である

「王道」とセットで荒木さんがよく使う言葉がある。それは「サスペンス」だ。サスペンスとは、荒木さんが考える「良い物語」「おもしろい物語」の基礎にあるもの。いったい、この後どうなってしまうのか。読者がドキドキしながら、ページをめくらずにはいられなくなる要素だ。


YahooInterview2018 (10).jpg

第8部もドキドキの展開が続く(撮影:殿村誠士)


「漫画家としてデビューしたころにトリュフォー(1950年代末からのフランスの映画運動「ヌーベルバーグ」を代表する映画監督)がヒチコックにインタビューをした本『映画術』が出たんですよ。そこで、サスペンスの巨匠であるヒチコックが自分の映画を一作ごとに細かく解説しているんです。カメラの位置から心理描写のテクニック、映画の撮り方が本当に細かく書いてある。これを読みながら、ビデオや名画座でヒッチコックの映画をまた見て勉強しましたよ」


YahooInterview2018 (17).jpg

(撮影:殿村誠士)


サスペンスを描きたい。その一心で好きな映画から理論を抽出し、自身の漫画に取り入れた。普遍的な「おもしろい」ものを求めて今でもインプットは欠かさない。

荒木さんはレオナルド・ダビンチらによるイタリア絵画の影響も公言している。ルーブル美術館全面協力のもと、ルーブルを舞台にした作品を描いたこともある。

「漫画家も『画家』です。絵を描いていますからね。絵として見てほしいんです」と荒木さんは言う。

「印刷された漫画とはまったく違うものが見えてくると思います。原画には印刷されたものとは違う魅力があります。もともと、印刷されるという意識で僕は描いていないんです。どんな形で印刷されるかに関係なく、きちんと描いてきました。原画からその魅力を感じ取ってもらえると思います」

ファンがこぞって真似する独特のポージング「ジョジョ立ち」も原画で見るとかっこいいですよね、と言うと、荒木さんは間髪をいれずにこう返す。


ArakiYahoo2018.jpg

作業机の傍らには、お気に入りのカレンダーが。女性の姿はどことなく「ジョジョ立ち」風に見える(撮影:殿村誠士)


「ありがとうございます。本当に細かいところまで見てほしいです」

時代に流されず、しかし、しなやかに変化を取り入れながら30年以上にわたって荒木さんは新しい漫画を描き続ける。

最後に、いよいよクライマックスに突入しそうな第8部「ジョジョリオン」の展開を聞いてみた。

「僕は細かく展開を決めながら物語を描くことはありません。最初からゴールを決めるのではなく、描きながら考えています。全体の構成も、一つ一つの闘いも同じ。これから第8部の舞台は病院に移っていきます。いよいよ物語が収れんしていくと思います」

まだ決まっていないクライマックスに向かい、荒木さんは今日も考えながら机に向かい、ペンを走らせている。[8]

YahooInterview2018 (19).jpg

JOJO magazine Spring 2022 cover.png
Missing translation
Magazine
Interview
Published March 19, 2022
👤 Hirohiko Araki, Ryosuke Kabashima
📜
Manga
Anime

Basket Case (1982)

Kabashima: The story centres around two conjoined twin brothers who get separated, and the older brother becomes a monster. Come to think of it, this might've been where the concept of Stands originated from. The idea that the two brothers personalities are linked, even though their bodies are separated--which is like a Stand.

Araki: Oh, I think you may be right.

[...]

Kabashima: On the cover of "B.T." there's a squirrel.

Araki: Oh, that's right.

Kabashima: What was that about?

Araki: Huh?

Kabashima: There wasn't a squirrel in B.T., was there?

Araki: No, there wasn't. I wonder why I drew that back then. (Laughs) Sometimes when I'm drawing, I think about wanting to show multiple characters on the cover at once. If it were only the main character, it would become very bleak and lonely... I guess that's why I did it.

Kabashima: That makes sense, but why did you choose a squirrel?

Araki: I'm not that fond of squirrels, but I guess I thought they had a pet-like quality to them... Or, maybe I was planning on revealing the squirrel later. Maybe it would've lightened the tone had I introduced a mascot or sidekick of sorts.

Kabashima: I see. Speaking of pets, you drew the story of "Dolce" about a cat. This was because I got a cat and I couldn't stop telling you about how much I loved cats back then, isn't that right?

Araki: Yes. And what a story it turned out to be. (Laughs)

[Translated by Morganstedmanms (JoJo's Bizarre Encyclopedia)]

15:03 「料理」

椛島 今日は荒木さんがお手製のスープをご馳走してくれるとのことなので、私は家からワインを持ってきたんですよ。頂き物なんだけと、たまたま「ジョジョ』が始まった1987年のブルゴーニュ産赤ワイン。

荒木 おお、美味しそう! 僕は野菜とチキンの煮込みスープを作ってみたんだけど。これはとにかく野菜を細かく刻むんですよ。今日は玉ねぎ、人参、セロリ、キノコ、それと豆かな。旨味を抽出するだけだから野菜は何でも良い。具は全部煮込んでいるわけじゃなくてチキンは先に焼き付けてて、ジャガイモは素揚げしてて、それで味付けは最後に塩コショウだけっていう。

椛島 さすが! 荒木さん、漫画家を辞めたらお店を出せるよね。

荒木 え? いや、無理だよ~(笑)。僕はお客さん相手の仕事は多分無理かな。それに日によってスープの味が違うんだよね、気分でハーブをどっさり入れるときもあるから。

椛島 ハーブは何を使ったの?

荒木 今日はオレガノ、パセリ、それとタイムを入れましたよ。

15:35 「ホラー」

荒木 今日の対談は、椛島さんが担当だった頃の打合せを再現しようっていう企画なんですよ。

椛島 あの当時、漫画の打合せは30分くらいで終わってたよね。でも、終わってからが長かった。いつもファミレスに3時間ぐらいいたんじゃないかな…。

荒木 いたよね。ニュースやゴシップに対して他愛もない感想を言い合ったり。ホラー映画の話も多かったかな。ホラー映画って、時代を投影しているようなところがあって面白いんですよね。それと表現の可能性に挑戦している作品がすごく多くないですか? 低予算だし主演の俳優も大スターは使わないんだけど。

椛島 新人映画監督の登竜門だよね。人間の精神の根底にある「恐怖」をゆさぶるものだから、低予算でも創意工夫すれば傑作が作れる。ただ、猫も杓子もホラーを撮るから駄作も多いんだけど。でも、そのくだらない駄作を荒木さんはよく観てるよね。

荒木 うん、観てるね (笑)。

椛島 そうやって映画に限らず傑作も駄作もたくさん観てきたからこそ様々な作品が荒木さんのなかで消化されて、新しいアイデアになっていくんじゃないかな。

荒木 それと何でも観てきたからホラーというジャンルが発展し続けてきたこともわかるっていうか。例えば古い作品のお約束で「キャンプ場で調子に乗った若者が殺人鬼に殺される」ってあるじゃないですか。そういうパターンが昔はあったんだけど今回、僕が椛島さんに推薦して観てもらった『ザ・ハント」は「新しいぞ!」「一段階、上に行ったぞ!」って感じがあるんですよ。

椛島 観ましたよ。クレイグ・ゾベル監督の「これまでと違うことをやるぞ」という意志が感じられたね。

15:47 「ザ・ハント」

荒木 「ザ・ハント」はネットの誹謗中傷がテーマになっているところがこの手の映画としては斬新だったかな。殺人の動機がSNSっていうのは思いもしなかったし、世の中の流れを上手く組み入れて、しかも「皮肉っているな」って思いましたね。

椛島 普通この手の映画の犯人側はどちらかと言えば保守な人物だったりするのが定石なんだけれど、本作の犯人はむしろリベラル系。犯人側がジェンダーや人種差別、環境問題に妙に理解があるけど、そういう人たちが裏では人間をハントしているというのが個人的には面白かった。

荒木 セオリーにとらわれず挑戦しているところも「ロックンロールしてるな!」って思いましたよ。

椛島 この『ザ・ハント』は大作とか話題作ではないけど、観ると「お!」となる。そんなふうにB級の佳作が見つかったときって嬉しいよね。

荒木 嬉しいですね~。特にこの映画はB級に徹しているところが良いっていうか。ただ、すごく計算して作っているところもあって、例えば冒頭では主役っぽい登場人物が次々と登場して、誰が主人公か判らないようにしていたり。ここはかなり計算されてるかな。

椛島 そうだね。「主人公かな?」と思った人物があっさり死んじゃったりして観客を煙に巻くというか。もちろん冒頭から主人公はちゃんと映ってるんだけど…。

荒木 主人公っぽくない映し方をしてて、あれだと主人公だと思わないよね。

椛島 敵を殺るときの問答無用感も良いね。普通は観客に敵味方が判るように演出するけど、この映画はそれをしない。主人公が突然誰かを蹴っ飛ばして観客に「敵だったのか!」と判らせたりと、演出がすごくスピーディー、次々とたたみかけてくる感じが爽快ですね。主人公の決断の速さが観ていてスカッとする。

荒木 そう、主人公がモタモタしてないのが良い。同じような話でも日本のホラー映画は「間」を取りたがるけど、僕はそれがダメで。ゾンビがすぐ後ろにいてヤバいときに振り返らせるだけで何秒もかけちゃってて、僕は「早く振り向いて逃げろよーッ!」って思ってしまって映画に集中できない(笑)。

椛島 主人公がマヌケに見えたらダメなんだよ。昔のホラー映画だと「入るなと言われた場所にわざわざ入って襲われる」が定番だけど、そういう安易な展開は今ではうっとおしく感じちゃうね。主人公は常に最善の選択をして、それでも勝てないぐらい相手が強くないと面白くない。この映画では冒頭で売店の老夫婦が出てくるけど、荒木さんは老夫婦がグルだって見抜けた?

荒木 ああ、僕は最初からグルだと思ってましたよ。あの老夫婦の妻役を演じた俳優さんはそういう役が多いですから。

椛島 お、さすが。私はこの映画は始まって3分の2までは100点満点だったな。ただ、ラスト近くで敵ボスが自分たちの主張をベラベラと語り出したのが残念だったな。

荒木 でもラスボスは動機を語らないといけないからじゃない?

椛島 そうなんだけど、あのラスト近くできらに作品がパワーアップするアイデアを持ってきたら、もっと良かったなと思うんだよ。漫画の打合せでこのラストみたいなプロット案が出たら、私は「もうひと押し」って言うかな。

荒木 あと、僕は『ザ・ハント』はちょっとコメディも入っているかなって思ったんだけど。

椛島 主人公の表情にコメディ作品っぽいところはあるね。しかめっ面をしたりとか。普通のホラー映画やこういったアクション映画だと、ああいう表情は使わないでしょう。私にとって『ザ・ハント』は今年の大きな収穫の一つだったね。この監督の次回作は観たいと思いますよ。

荒木 良かった。椛島さんと気楽に話せるぞと思って選んだ作品だから。

16:34 「隻眼の虎」

椛島 私のおすすめは『隻眼の虎』っていう韓国映画。1925年、日本統治時代の韓国を舞台とした映画なんだけどね。私は昔、ベリアタイガーを扱ったノンフィクション作品を担当したことがあって、そのときに「大虎ってなんて美しいんだろう」と感じた。パワフルで美しくて自然界の神のような存在だと思ってる。それに来年は寅年だしね(笑)。この『隻眼の虎』では人間と虎の死闘を描いているんだけど、とにかく景色や虎の見せ方が素晴らしい。虎は大半のシーンがCGだと思うんだけど表情もすごく良い。私は今、この作品を撮ったパク・フンジョン監督にすごく注目しているんだよね。この映画でパク監督は、虎の躍動感や虎視点で疾走する絵を撮りたかったんじゃないかなと思うよ。

荒木 僕は初見は黒澤映画みたいだなと思ったかな。

椛島 この監督は作品ごとに撮るジャンルが全く違って、いろんなものを研究しているんだよ。私は冒頭に出てくる雪山のシーンが好ねて、いかにも大虎が生息しているという壮大な山の絵は最高だった。あの舞台になった山が実際に存在するなら、行って写真を撮りたい。こういう景色に浸りたいって思ったね。

荒木 僕は観てて疑問があって、主人公の猟師の子供で中学生くらいの男の子がいたじゃない。あの子、どうして過酷な環境の村から出ていこうとか思わないのかなってなんか謎でしたね。

椛島 出ていこうとはしていたんだけどね。時代が大きく変わっていくなかで、結局は大虎も猟師も日本軍も…全員が勝てないまま滅んで消えていく。その滅びの感じがまた良くて、そこにグッとくるものがあった。

荒木 この映画での死の描き方のリアルさはすごかった。虎に襲われて日本軍の兵隊が死んでいくでしょ。あの描写がすごく生々しくて本当に怖かった。血しぶきとか死んだ人間の表現が日本映画とは全く違ってて。日本映画の場合は「スタッフが血ノリを散らしました」みたいな感じが多いんだけど。

椛島 この映画に一つ注文をつけるとしたら、それは虎がやたらと強すぎちゃったところか

荒木 そうそう。銃で武装した人間側が何度も討伐に行ってるのに倒せないくらい強かった。

椛島 何か虎の方から罠を仕掛けるとか、高い場所から岩を落として一網打尽を計るとか、もう少し人間たちを倒すためのアイデアは欲しかったね。

17:16 「バスケット・ケース」

椛島 あの頃の打合せは私も荒木さんも、漫画のネタを探していたというよりも単純に面白い映画を見つけてお互い嬉しがっていた、という感じだったよね。映画を通じて当時の読者が求めているものを感じることもできたし。でも大ヒットした映画についてはあまり語ってなかったよね?

荒木 語ってないね。マイナーな、特にホラー映画ばっかり(笑)。そんな新しいマイナー作品を見つけてくるのが椛島さんで。よくレンタルのビデオを見せてもらったりしましたよね。一緒に映画館で観た『バスケット・ケース』っていうホラー映画もすごかった。

椛島 渋谷のミニシアターで観たよね。あれは「新しいホラー映画を観た!」という感じがして、すごく満足して帰った記憶がある。

荒木 わけがわからない世界観だったけど当時は衝撃を受けたな。映画として異様なオーラを放っていて。

椛島 結合双生児の兄弟が主人公で、切り離された兄がモンスター化する話なんだけど。じつは私は「スタンド」の原点って、この兄じゃないかなと思っているんだよね。人格はくっついているけど体は離れている感じが「スタンド」っぽいというか。

荒木 ああ、そうかもしれないですね。

17:28 「タコ映画」

荒木 『オクトパスの神秘』はどうでした?

椛島 観たよ。このタコの映画は、ある意味で今日一番の作品かもしれないね。長編ドキュメンタリー部門でアカデミー賞を取っているんだよね。

荒木 僕もとにかく面白くて、感動もしたし。タコは寿命がわずか1 ~ 2年くらいらしいんだけど、その間に海で戦う方法まで身につけてて「その戦い方は誰が教えているんだろう?」って不思議に思ったな。あれって本能なのかな?

椛島 タコとか野生の動物は生まれたときからかなりの程度、プログラムが出来上がっている。いわゆる本能ですね。動物って人間みたいに育つ過程で親から子に引き継ぐことってできないからね。

荒木 僕は映画を観て、タコは海の環境から学んでいく部分も少しはあるんじゃないかと思ったけど。たまたま落ちていた貝殻を見つけて、それをまとって敵から身を守るシーンとかあったじゃない。そういう本能の部分についてスズメで似た実話があって。『ある小さなスズメの記録』って本なんだけど。老婆が傷ついたスズメのヒナを育てる話なんだけど、ヒナは人間が教えたわけでもないのにちゃんとトイレを巣の外でしたりするんですよ。

椛島 それ、すごいね。生物って未知な部分も多くてダーウィンの進化論だけじゃ說明のつかないことがたくさんある。人間は全部わかったような気になってるけど。

荒木 全然わかってないよね。

椛島 映画のなかで、タコが魚と遊ぶシーンがあるじゃない?あそこを観ているとタコが本当に美しく見えてきて、主人公がタコに恋していくのが理解できる。もう、あれはデートだよね。

荒木 映画の内容は監督の主観が入ってて、これを「ドキュメンタリー映画だ」と言われると僕個人は疑問に思うけど、映画としてはアリかな。主人公とタコとの別れのシーンでは泣いちゃいましたよ。タコと主人公が抱き合うシーンはすごく切ない気分になったし。

椛島 自然は人間が考えているよりも遙かに奥深いってことが感じられて、この映画はみんなが観た方が良いと思うよ。あと、面白い映画だとおすすめは『ザ・コール』っていう韓国映画。タイムスリップものの一種なんだけど、過去と現在の人間が頭脳戦を繰り広げるというアイデアがよかった。主演のパク・シネという女優さんは最近のお気に入りです。

荒木 その『ザ・コール』は観られなかったな。あとで観てみます。というか時間は大丈夫?そろそろ暗くなってきましたよ。

椛島 ああ、そうだね。じゃあ今日はこれまでにして、話の続きはまた近いうちに。

荒木 そうしましょう!

17:57 「ビーティーのリス」

椛島 「ビーティー』のコミックスのカバーにリスが描いてあるでしょ。

荒木 ああ、はい。

椛島 あのリスって、何だったの?

荒木 え?

椛島 『ビーティー』の劇中にリスは出ていないよね。

荒木 …出ていないね。なんで描いたんだろう?(笑) 絵を描く際、「一人だけじゃなくて何かと一緒に描きたいな」というときがあるんですよ。主人公だけだと寂しかったり殺伐とした絵になるというか・・・。それかな。

椛島 それはわかるけど、どうしてリスだったのかなと思って。

荒木 リスが好きって訳じゃないけど、ペットの象徴として「いいかな」と思ったんじゃないかな・・・。あるいは連載当時、リスを出すつもりだったのかもしれない。マスコットというか相棒みたいものがいると漫画として柔らかくなるので。

椛島 なるほど。 ペットっていうと「ドルチ』のときは、私が猫を拾って「猫は可愛いよ~」ってハマっていたから猫の話を描いてくれたんですよね。

荒木 そう。あんな話になっちゃいましたけど(笑)。

18:00 FINISH

Gallery

References

  1. 1.0 1.1 Interview Archive, Tokai Lecture 06/2006
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 JOJOnicle: Long Interview with Ryosuke Kabashima
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.8 JOJOVELLER: History 1979-2013
  4. Hiroshi Goto, from "Jump, the golden age of manga"
  5. Hirohiko Araki's Manga Technique, Chapter 3, Resistance to a Devil Boy
  6. Phantom Blood PS2 (October 2006)
  7. 7.0 7.1 JoJonium - Volume 17 Special Interview
  8. https://news.yahoo.co.jp/feature/1055

Site Navigation

Other languages: