Author's Note (Battle Tendency)

From JoJo's Bizarre Encyclopedia - JoJo Wiki
Jump to navigation Jump to search
Previous:
Phantom Blood
Battle Tendency

ArakiLogo.png
In every volume of JoJo's Bizarre Adventure, the front folded flap of the dust jacket usually contains a picture of Hirohiko Araki himself, and more than often a note to the reader. The quotes are always different from each other, and are usually about Araki expressing his opinion on certain subjects. These subjects can be about anything, including information about characters or the story itself. The following notes and pictures below are from the volumes of Battle Tendency.

Comments

Chapter Translation Original

Chapter 45
今週からいよいよ第2部!背景の資料あつめや、新キャラづくりに楽しくも音労の目々!!

Chapter 46
アシスタト大募集!絵を描くのが好きな若くてヤル気ある人、編集椛島氏までTEL(でんわ)

Chapter 47
漫画セミナーで大阪ヘいくためスケジュールがきつ…でも、初めての大阪はとても楽しみ

Chapter 48
パートカラーいかがでしたか?そのらちスケジュール調整して、必ず巻頭C(カラー)をやります。

Chapter 49
漫画セミナーで初めて大阪へ。出会った人も食べ物も素晴らしい所で、一週で大好きに!!

Chapter 50
I was born in Northern Japan, so the colder the weather gets the better. Winter is definitely my season!
北国生まれの私は、寒くなればなるほど調子がでる。冬は、はっきり言って私の季節だ!

Chapter Translation Original

Chapter 51
I decided to install cable broadcasting in my workplace. Your work will improve while you listen to your favourite music in the background.
仕事場に思いきって有線放送をひいた。一日中好きなBGM(ビージーエム)が開け、仕事もはかどります

Chapter 52
アシスタントがまたひとり増え引越したばかりの仕事場が、もう手狭に!困ったことだ。

Chapter 53
おまたせしました!ジョジョのコミックス第2巻いよいよ1月8日発売です よろしく〜!!

Chapter 54
一月中旬旅行にいこうと、正月は、仕事、仕事!アシスタントのみんな、御苦労様です

Chapter 55
年賀状たくさんあり。全てに返事は書けないけれど、ぜんぶ読んで励みにしてます

Chapter 56
来週は、一周年記念で、表紙十巻頭カラーです。気合いを入れてかきました感想よろしく

Chapter 57
何と一年ぶりの巻頭カラー。進行はきつにけど、もっと頻繁にやりたいので応援よろしく

Chapter 58
アシスタント募集。若くて絵をかくのが好きなヤル気ある人、編集椛島氏までTEL(でんわ)を!!

Chapter 59
アシスタントのT(ティー)君は、料理の天才!特にオムレツは絶品で、みんなのヤル気の源です

Chapter 60
近所で新品レコードを一枚2百円で売っていた!CD(シーディー)時代とはいえ、安さにあきれました

Chapter Translation Original

Chapter 61
次週から新展開!“柱の男”一族の謎探究のため、JOJO(ジョジョ)欧州(ヨーロッパ)で新冒険!よろしく!!

Chapter 62
I went to see "RoboCop" with all my assistants. I was blown away by its intense action scenes and its depiction of a main protagonist.
アシスタントのみんなと 『ロボコップ』を見た。主人公の描写や迫力場面(シーン)に感心しました

Chapter 63
オール2色いかがでしたか?スケジュールはきついけど、色原稿は描いていて楽しいです

Chapter 64
ただ今、ダーツに凝っている。仕事のストレス解消にもってこい。でも壁は穴だちけに!!

Chapter 65
TV(テレビ)シリーズ『ルーツ 』のビデオを探しています。持つている人、ダビングさせて下さい

Chapter 66
アシスタントのM(エム)クンは、仕事中に、突然ウフフと笑いだす。なかなか不気味な奴である

Chapter 67
キューブリック・ファンとしては、7年ぶりの朗報!『FMJ』(フルメタルジャケット)絶対に、見にいきます!

Chapter 68
『ジョジョ』のコミックス第③巻が発売になりました麦紙もかきおろしなので、ヨロシク

Chapter 69
アシスタントが増えて戦力アップ!でも、また仕事場が狭くなって、困った、困った!!

Chapter 70
今年は、初夏に休みをとスケジュール調整開始。でもきっと仕事が入って、無理だろな〜

Chapter Translation Original

Chapter 71
今ぐらいの陽気だといいのですが、これからだんだん暑くなると思うと…夏は苦手です。

Chapter 72
机の上には、読みた、い本が山積み!でも、時間がなくて…“つんどく(、、)”も読書の内かな!?

Chapter 73
近所に食べ物屋が少く、外食がほとんどの私は、メニューがマンネリ!引越ししようかな

Chapter 74
天気がいいので、フトンを干した。アシスタント用のだ。考えてみると、一年ぶりだった

Chapter 75
ついにアパートをもう一部屋借りることにした。仕事場近くの、眺めのいい部屋なのです

Chapter 76
最近よくCD(シーディー)を買うが、自然と10年以上前の古いロックばかり買ってしまう僕も歳かナ。

Chapter 77
アシスタント大募集!絵を描くのが好きなヤル気ある人、編集椛島氏まで(カツト)と履歴書を!

Chapter 78
コピー機やトレスコなどを、いまさらですが購入。これで仕事の能率UP(アップ)まちがいなし?

Chapter 79
新しく部屋を借りたのはいいが代しくて、冷蔵庫や食器など買うヒマなし。不便してます

Chapter 80
アシスタント募集中!絵を描くのが好きなヤル気ある人、編集椛島氏まで、TEL(テレ)を!!

Chapter Translation Original

Chapter 81
巻頭カラーはいかがでしたか?カラーを見たいというファンの激励に応えて頑張りました

Chapter 82
来過から舞台は、スイスに移動の予定!休みをとって、取材にいきたいが…ムリかな。

Chapter 83
8月10日にコミックス第5巻が発売!ジョナサンの最期、第1部完です。よろしく〜!!

Chapter 84
近くの映画館は3本立で千円!ビデオでは味わえない迫力が近所にあるなんて幸せです。

Chapter 85
ファンレターたくさんありがとう。全部に返事がかけないけどとっても参考になります。

Chapter 86
評判のマジック『スペルバウンド 』を見た!ハデハデの私好みのショーで、十分楽しめた

Chapter 87
夏休みを全員そろって休む余裕がないので、ひとりずつの交替制。とれるだけマシかな。

Chapter 88
最近CD(シーディー)が安くなってうれしい思わず、ツェペリンなど、まとめて買ってしまいました。

Chapter 89
Recently, I've been getting Barbie dolls as travel souvenirs. H-However, I'm not a collector...
最近おみやげにバービー人形をよくもらう。う〜ん、別に僕はコレクターじやないのに…

Chapter 90
今週の巻頭カラーいかがでしたか?最近は4C原稿を描くのも大部慣れて、少し満足いくようになりました。是非感想聞かせて下さい。それから、アニメ・カーニバルで10月10日に、大分県へ。現地の皆さんヨロシク〜!!

Chapter Translation Original

Chapter 91
月刊化されるS・J(スーパージャンプ)に読切をと構想中!掲載時期は未定だけど、がんばるのでヨロシク。

Chapter 92
そろそろ第3部の構想を考え始めています。よりスケールの大きい話にと、がんばります

Chapter 93
コミックス第6巻が10月7日に発売!ジョセフとストレイツォの闘いを堪能して下さい。

Chapter 94
留守番電話が使いすぎで調子がおかしい。変な音が入っていたりして、ちょっと不気味。

Chapter 95
近所に『ジョジョ』という美容院がある。いつも自分で髪切る私だが、いってみようかな

Chapter 96
アニメカーニバル大分大会に行うてきました。当日会場にきて下さった皆さんアリガト!!

Chapter 97
アシスタント募集。ヤル気があって絵を描くのが好きな人、編集椛島氏までTEL(でんわ)を!!

Chapter 98
12月に仕事場引っ越決定!第3部は、新しい仕事場で、新しい気分でがんばります!

Chapter 99
今一番希望は、欧州(ヨーロッパ)くの取材旅行。作品づくりには現地取材が必要。でも忙しくて…!!

Chapter 100
SJ(スーパージャンプ)の読切原作やWS(ウィンタスペシャル)のポスター描きなど仕事がいっばい!でも、がんばるからヨロシク

Chapter Translation Original

Chapter 101
12月10日にコミックス第7巻が発売!ジョジョとサンタナの激闘です。皆さんヨロシク

Chapter 102
JoJoに応援のFL(ファンレター)ありがきとう!参考にがんばります

Chapter 103
年末の慌しさの中で、仕事場の引越し!荷物の整理や、近所の探訪に忙しい日目です

Chapter 104
取材旅行のため、正月返上で仕事!なんとかスケジュール調整しようとたいへんです

Chapter 105
『ジョジョ』の連載がはじまって、はや2年100回を越えました。長いようで短い、というのが正直な感想です。これもみんな愛読者の皆さんのおかげ、と感謝しています。これからも、今まで同様ガンバリますので、どうぞヨロシク

Chapter 106
新しい仕事場の近所には、うまい食べ物屋が多い。つい食べすぎて、少し太ったかナ

Chapter 107
『ジョジョ』のJC(ジェイシー)最新刊第⑧巻が2月10日に発売!!みんな是非買ってくださいネ!

Chapter 108
仕事場のあるマンションは現在ほとんど人居者無し。夜のエレベーターがとても怖い

Chapter 109
最近、民族衣愛を集めています。仕事中も、アラビア人の格好をしながら…変かナ!?

Chapter 110
第2部もいよいよクライマックス!ぺンを握る手にも思わず力が入る!応援ヨロシク

Chapter Translation Original

Chapter 111
手塚賞準入選の時、握手した先生の手は暖かくて柔らかくて、感激。今はただ残念です

Chapter 112
最近のお気に入りは、NHK(エスエツチケイ)『未来への遺産』のLD(レーザーディスク)!古代遺跡が想像力をかきたてる

Chapter 113
いよいよ次週から第3部スタート!ジョセフ+新主人公の冒険です。応援ヨロシク!!

Volume 6

Author's Note
Is it important to keep the mentality of a beginner, whatever the field. Everything seems new for a beginner, he respects his predecessors and goes straight to his objective. This is an ideal state of mind. But lately, I have realized that among the mangaka publishing at Jump, they are already six or seven years younger than me! I am not a newcomer anymore! (to be continued in Volume 7)
—Hirohiko Araki
Araki6.png


Volume 7

Author's Note
Adults have trouble respecting the young. If the head of state was a 20 years old man, everyone would make fun of him even if he was very competent. For the same reason, when I see a young mangaka being arrogant, I want to kick his ass. I know that's extreme and I regret having such an aggressive temperament. I will try to soften, to respect the young and to accept to learn from them.
—Hirohiko Araki
Araki7.png


Volume 8

Author's Note
One day when I was tidying up my home, I lost the fountain pen I had been using for 6 years. Panic-stricken, I exclaimed myself: "My God, what a catastrophe !! I will never manage to draw without that fountain pen that has been following me for so many years !! It's impossible to work ! This fountain pen has always accompanied me through hard blows and joys! What will I become ?!" By dint of search, I ended finding a new fountain pen. Today I'm thinking: "A new fountain pen, it's not so bad..." I'm a jackass, aren't I?
—Hirohiko Araki
Araki8.png


Volume 9

Author's Note
You know what? I don't believe in aliens. In the past, I've seen an UFO but I'm sure it was an optical illusion, and after all I want to say: "So what?" But I just read a book from someone named Hiroshi Minamiyama and, with all the super realistic details, I begin to ask myself if these aliens are really here... Whatever, it amuses me to have my imagination stimulated like this.
—Hirohiko Araki
Araki9.png


Volume 10

Author's Note
A manga isn't born out the efforts of a lone person. Lately my studio has been filled with people, which often causes many problems. I'm often capricious with the cleaning ladies and the drawing equipment vendors. When I'm traveling, I disturb the travel agency employees, the proprietor asks me to move out, etc. An infinite number of people have stood alongside Jojo, up close and from afar. Nevertheless, I think it is important to have sympathy and respect for everyone of them. Thanks a million.
—Hirohiko Araki
Araki10.png


Volume 11

Author's Note
I'm not interested in politics, but lately I have been a little worried by the future of Japan. I find it dangerous that everyone wants to get rich or to gain material wealth. We're more in need of spiritual wealth! That reinforces my idea to deal with more and more enriching subjects through manga.
—Hirohiko Araki
Araki11.png


Volume 12

Author's Note
JoJo's is an ode to life and a celebration of humanity. Without help from machines or technology, the main characters face danger with their bodies as their only weapon. For me it's a principle. Indeed I think that science doesn't necessarily make men happier. Besides when I was at school I detested mathematics and physics (though it's not a grudge I precise).
—Hirohiko Araki
Araki12.png


Previous:
Phantom Blood
Battle Tendency

Site Navigation